市街地と郊外どちらが良い?!賃貸物件の選び方ポイント

市街地で賃貸物件を探すメリット

賃貸物件は自分の生活に合ったところを選びたいですね。通勤や通学の利便性を優先させるか、プライベートの趣味などに便利な条件を優先させるかで選び方も変わってきます。市街地と郊外の物件のメリットやデメリットを確認して、希望に近い物件を見つけたいですね。メリットは、エリア的には市街地の物件のほうが通勤や買い物にも便利な場合が多いこと。また、セキュリティのしっかりしたマンションが多いためセキュリティ面でも安心なことがあげられます。

郊外の賃貸物件のメリットは?

郊外の賃貸物件の場合、市街地よりも賃貸料が安く設定されていることがメリットになります。同じ賃料の場合、郊外の物件の方が部屋数が多くなるなど、広い物件でゆったり暮らせる傾向があります。郊外では車での移動も多くなるので駐車場がついている場合も多いです。その点では車好きの方にも向いていますね。マンションやアパートの他に戸建の物件も多くあるので、戸建ての場合などは特に、気になる騒音問題が起こりにくくなります。

市街地・郊外それぞれの注意点は?

市街地の利便性の高い物件の場合、どうしても郊外よりは賃貸料が高くなります。立地が良いため建物の密集度も高く、狭い間取りになる場合も。ご近所との騒音などのトラブルにも注意が必要です。郊外の物件は、市街地とまったく逆になり、生活の利便性が低くなりがちです。特に戸建の場合にはセキュリティを個人で行う必要があるので、防犯面で心配がある場合も。自分に合う賃貸物件の選び方は、通勤や通学をメインに考えるか、趣味を優先させるかでも変わってきます。譲ることのできない自分のこだわりに合った物件を選びたいですね。

札幌の賃貸マンションは、駅の周辺に多数の物件が存在しており、抜群のアクセス環境を誇るだけでなく、コンビニやスーパーなどでの買い物もスムーズに行えます。