土地活用でマンション経営をしよう!どうやって始める?

土地があるならマンション経営

相続などをきっかけとして土地を手に入れることができたらただ遊ばせておいても税金を払わなければならないだけです。マンション経営を始めるのは有効な土地活用の方法であり、迷ったらまず始めてみましょう。マンションを建てるお金がないというときでも不動産ローンを組んでマンションを建てることができます。家賃を徴収することによってローンの返済を行うことはできるため、それほど自己資金がなくても行える投資方法なのです。

土地がなくても始められるマンション経営

マンション経営をしたいけれど活用できる土地がないという人もいるかもしれません。土地もマンションも購入するにはお金が足りないと感じる人も多いでしょう。その際に役に立つのが借地権を手に入れる方法です。建物を建てる前提で土地を賃貸借する方法であり、借地権を獲得すると土地を買うよりも安上がりになります。継続的に賃料は必要ですが、マンション経営の収入でまかなっていけば良いという考えで借りてみると良いでしょう。

自分で建てることのメリット

マンション経営をする上で土地がある状態からマンションを建てて経営するのにはメリットがあります。既存のマンションは経営破綻が起こって経営できていないことが多いのが実情であり、ただ購入して経営を始めても空室対策に追われることが多いのです。しかし、自分で建てる場合にはその地域の状況に応じて適切なマンションをデザインできるでしょう。自分でマンションを建てられるのは経営の成功につながりやすいメリットになります。

会社員の収入が少なくなってきている現代の環境では、マンション経営を開始してみる人達が後をたちません。