賃貸物件の効率的な探し方!?アプローチ方法3選

駅前のチェーン店は2週間放置プレイする

駅前の不動産屋では、全国各地にあるチェーン店が多く軒を連ねています。最初に入った不動産屋ですぐに契約を行うことは、良いカモにされている状態と気づくべきです。不動産屋で初日に案内される物件は、大家からの広告料が多く入る物件ばかりで、入居者にとって嬉しい優良物件は存在しません。初日は内見などせずに帰宅して、良い物件が出たら連絡するように伝えて2週間後に再度連絡して状況を聞いた時に出てくる物件は多少マトモです。

地元の不動産屋を利用する理由

転勤族で一時的に住む人ならば、どのような物件でも我慢出来ますが、長く住むことを考えた場合には優良物件を選びたいものです。優良物件はインターネット上に流通物件として出てくることは無いので、普段見慣れた賃貸物件情報とはかけ離れていることが多いでしょう。地元の不動産屋では、優良物件を専任媒介契約として扱っているので、実際に借りたい部屋の多くはチェーン店にはありません。保証人を立てて借りられる賃貸物件に多く優良物件が含まれているので、保証会社の利用を拒否して探してみることも1つの手です。

これからは大家から直接借りる時代に

賃貸物件探しを大家側の目線から見てみると、別の見方が出来ます。ADと呼ばれる広告料を多く支払わないと、不動産屋は物件の紹介を客にしてもらえない状況です。同じ賃料であっても広告料が1ヶ月の物件よりも3ヶ月の物件が優先して紹介されるので、自分で入居者を見つけた方が早いという状況が生まれました。結果として、大家が直接入居者募集が出来るサイトが登場したことで、不動産屋に頼らない賃貸物件探しを入居者側も出来るようになったわけです。

旭川の賃貸物件は断熱材をふんだんに使用するなど防寒設備が整っているので、安心して暮らすことができます。